訪問診療の重要性

一人暮らしの
高齢者の孤独死防止にもつながります

藤本歯科クリニック 訪問歯科診療

広島県呉市阿賀北の歯医者「藤本歯科クリニック」は、地域包括ケアシステムによる地域密着型の医療に力を入れています。

一人でも多くの方のお口の健康を守 るため、ご自身の足で通院してくださる患者様だけでなく、お身体が不自由で通院が困難な方のための訪問歯科診療、及び訪問口腔リハビリテーション、経口維持や胃ろうからの経口移行に注力し、診療の要請に迅速に対応できるような体制を整えています。

訪問歯科診療とは

藤本歯科クリニック 訪問歯科診療

お身体の不自由な方、身体的・精神的な問題で通院ができない方のために歯科医師、歯科衛生、PT、OT、ST、看護師などがご自宅・病院・施設などに伺って歯科診療、口腔ケア、嚥下摂食リハビリテーションを行うのが訪問歯科診療です。

持ち運び可能な訪問歯科診療用のさまざまな専用機材一式をそろえてお伺いしますので、歯科医院での治療とほぼ同じような診療を受けたいただくことができます。

行うわけではありません。通院困難な方は、ご自分での口腔ケアも難しい場合がほとんどです。 しかしお口の中のケアが不十分だと、全身の健康にも悪影響をおよぼしてしまいます。お口まわりの健康と、全身の健康を守るため、訪問診療では「治療計画」だけでなく、患者様に合わせた「口腔ケア」のための定期健診の計画も立案し、メンテナンスに伺います。

在宅医療の必要性

在宅医療とは

在宅医療とは

在宅ケアの一部です。自宅療養者のために医師、歯科医師、薬剤師、看護師、理学療法士、作業療法士、ヘルパー、ケアマネジャー、相談員などが連携、協力し合って、医学的な管理と処置を行い、自宅療法を支援することです。

在宅ケアを受けている人

在宅ケアを受けている人

在宅ケアは、どのような人が受けているのでしょうか? ケースはさまざまですが、自ら在宅ケアを希望される方、寝たきりの方などです。そして自力での外出や通院が困難な方がほとんどです。

脳梗塞や心疾患などの慢性の病気、痴呆症、うつ病、常に点滴などの医療器具を装着している方、要介護度3以上の方、大病のため余命を過ごされている方などが在宅ケアを受けています。

原則として月に概ね4回、医療スタッフが訪問して診療をするのです。また急な容態の変化があった場合も、必要に応じて助言や往診をします。

在宅医療が行われるようになった理由

在宅医療が行われるように
なった理由

社会の高齢化が進み、医療や介護を受ける方が増えています。 しかし、国の方針として医療や介護にかかる支出を抑制する方針が立てられています。そのため、慢性期の病気で長期間にわたる療養を必要とする方のための病床が足りていないのが現状です。

介護難民や医療難民がでないように、介護療養型医療施設(医療法に基づき、要介護者に対して介護や必要な医療を行う施設)が準備されている段階なのです。

この移行期にあるため、どうしても在宅医療という選択肢を強いられる方もいらっしゃるのです。もちろん、自宅でのケアをご希望の方もいらっしゃいます。そのニーズに応えるためにも在宅医療が必要なのです。

訪問診療による
孤独死防止

訪問診療による孤独死防止

日本社会では高齢化が進んでいます。それにともない一人暮らしの方が増えています。健康に暮らしているうちは、独居に問題はありませんが、もし寝たきりになってしまったら大変です。

日常生活でさまざまな支障が生じてしまいます。市町村ではひきこもりの問題も大問題で、介護サロン、元気な人の通えるサロンを展開していく見通しです。

持病がある場合は外出が困難になりますので、通院も難しくなります。急に体調をくずし、倒れてしまったり動けなくなってしまったりしてしまうと、そのまま助けを求めることができなくなってしまうかもしれません。一人暮らしの場合は、孤独死に至ってしまうことも考えられるのです。

介護を受けられている方と介護をされている方が一緒にお住まいの場合でも両者がご高齢の場合があります。もし介護をされている方が倒れてしまうと、ふたりとも助けを求めることができなくなってしまう場合もあるのです。

一人暮らしの方も、そうでない方も、お口の健康を維持して少しでも快適に過ごしていただけるように、そして万が一の孤独死のリスクを減らすことができるように、訪問診療の活用をおすすめします。

広島県呉市阿賀北7-13-12

安芸阿賀駅から車で5分

診療時間
9:00~12:30 ×
14:00~18:30 × ×

休診日:木曜午後・日曜・祝日
※ 土曜:〜17:30まで
※ 矯正日は第4土曜日(予約制)

24時間オンライン予約