審美歯科とは

審美歯科

審美歯科とは、矯正歯科、ホワイトニング、補綴による審美修復の為の治療です。むし歯や歯周病といった「歯の病気」の治療とは少し異なります。
口欠けてしまった歯並びや歯の色などを整え、審美性(見た目)を回復させ、より美しい口元を作る治療です。

気になる部分の歯を削り、歯冠修復材料である「セラミック」を使用し、人工の歯を装着することで自然の歯に近い、白く美しい歯を手に入れることができます。

金属を使用しない素材を使えば変色がありません。当院では、ジルコニア、セラミックを使用しています。素材を空輸することで、なるべく短い期間でご提供できるよう心がけています。

審美歯科のメリット

  1. 天然の歯に近い色合いと透明感があります。
  2. 保険の歯と比べて強度があります。
  3. 金属を使用していない素材なら、金属アレルギーの心配がありません。

導入機器の紹介

Itero

高精度の画像採得が可能に

iTeroElementは、光学スキャニングとレーザースキャニングを取り入れた画像採得技術により、精度と正確性の高さを実現しました。スキャニング時にパウダーの使用も複雑な焦点距離のコントロールも必要ありません。

保険とセラミックの
違い

  • 保険適用のプラスチックの前歯プラスチックは吸水性があるので劣化が早い。
    約1年(写真)ほどで変色・臭い・摩耗が始まる。

  • オールセラミックの前歯セラミックは吸水性が無いので劣化しにくい。
    半永久的に変色がなく汚れにくい。



  • 保険適用の銀歯の詰め物
  • オールセラミックの詰め物

「歯肉への影響」と「劣化」

Itero

保険適用の前歯は、
・金属冠の影響で「歯肉が黒ずむ場合がある」
・年数の経過で「摩耗・変色・臭い」

「透明感」の比較

Itero

保険適用の前歯は、
・金属冠にプラスチックを貼り付けるので光を通さない

審美歯科 症例

症例①

左上1の被せをジルコニアセラミッククラウンにて審美修復を行った症例。

  • Before
  • After
主訴被せ物の色が気になる
治療期間1ヶ月
治療費12万円
治療のリスク特になし



  • Before
  • After



  • Before
  • After

症例②

右上2,1左上1の前歯3本 ジルコニアグラデーションにて修復。また、被蓋関係の改善も同時に行い、切端咬合を改善した。

  • Before
  • After
主訴前歯の黒ずみを治してほしい
治療期間1ヶ月
治療費12万×3本=36万+税
治療のリスク特になし

症例③

上の前歯2から2まで4本分ジルコニアレイヤリングにて審美修復。テトラサイクリン歯の再現を行った。

  • Before
  • Middle
  • After
主訴上のかぶせが欠けた。自然なかぶせにしてほしい。
治療期間1ヶ月
治療費12万×4本=48万+税
治療のリスク特になし

広島県呉市阿賀北7-13-12

安芸阿賀駅から車で5分

診療時間
9:00~12:30 ×
14:00~18:30 × ×

休診日:木曜午後・日曜・祝日
※ 土曜:〜17:30まで
※ 矯正日は第4土曜日(予約制)

24時間オンライン予約